参加者の声


≪自分に自信が持てるようになりました≫ 10代学生(女子)

 

市民劇場に入ったきっかけは高校生の時に演劇を学びたいと思っていたのですが、演劇の経験が全くなく、

このままでは行きたい学校に進学出来ないのではないかと思っていた時に、この「市民劇場」を知り応募しました。

参加して、今まで全く自分に自信が無かったのですが、自分に自信が持てるようになりました。

また、「市民劇場」を通して、たくさんの仲間もでき、仲間と共にお芝居を作り上げる事の難しさと楽しさを知り、

「役者になりたい」という想いも強くなりました。


≪普段の生活では経験する事が出来ない貴重な体験をすることができました≫

10代男子(学生)

 

大学受験で芸術大学に進学するか悩んでいた時、担任や両親に「一度、舞台を経験してみたら」と言われ、

インターネットで探していると、この市民劇場を見つけて応募しました。

市民劇場なので、世代、年齢問わず、沢山の人達と関わる事ができて、普段の生活では経験する事が出来ない貴重な体験ができました。

 


≪お芝居も楽しかったけど、それ以上に一緒に舞台を作った仲間と過ごす事が楽しか

ったです≫

20代女子(学生)

 

高校の時、演劇部に所属していました。その当時からお芝居が好きで、もう一度やってみたいと思い

応募しました。参加してみると、今までに話た事のないような世代の方が多く、稽古へ参加するたびに

色んな話が出来て、とても楽しかったです。公演が終わり解散する頃には、メンバーと離れることが

とても悲しい気持ちでいっぱいでした。今でも当時のメンバーとは時々連絡を取り合い、集まっています。