座・神戸市民劇場の流れ


座・神戸市民劇場は、演劇初めてなんだけど・・。と迷ってるあなたの為に、既にそれぞれが持っている個性を重視した演出方法で

楽しみながら舞台体験が出来るカリキュラムです。5歳~80歳迄の幅広い世代の仲間と一緒に舞台に出演。

公演上演後に解散する。市民参加型・期間限定劇団です。そんな「座・神戸市民劇場」のカリキュラムを紹介します♪

 


<座・神戸市民劇場説明会&オーディション>

 

オーディションと言っても、合否を決めるものではなく、

皆さんの持っている個性を演出の先生に見てもらう場です。

また、どういう場所でどんな人と舞台を作りあげていくかの確認の場でもあり、

何よりも、仲間になる、メンバー同士の顔合わせの場でもあります。


どんな稽古をするの?

 

【演劇の基礎&舞台に出演する為に必要な事】


●台詞を覚える為の記憶術

●舞台上で声を出す為の発声

●役者として舞台で歩く為の歩行

●個性を磨くポーディング
他。
確実に表現力がアップします。
普段の生活も変わっていったというメンバーもたくさんいます♪


いよいよ公演本番、そして解散へ

 

演劇に大切な個性(感性)を伸ばす基礎稽古から、

いよいよメンバーに台本が渡ります。初めて台本を手にする感覚は、ドキドキ、ワクワクがとまりません。台本に入ると、演出の先生が本格的に稽古に参加。

いままで積み上げたメンバーの個性に更なる磨きがかかります。

座・神戸市民劇場の本番は150年を記念して建設予定の

「神戸ポートオアシス」で上演されます♪

座・神戸市民劇場公演、上演後、チームは解散となります。